MySQL5.6インストール

先日リリースされたMySQL5.6の導入方法のメモです。

 

環境はCentOS5.8(64bit)になります。

 

まず、RPMが用意されているので、落とします。

ココからダウンロード

 

とりあえず、MySQL Server本体と、接続するためのClientがあれば基本操作はこなせるので、

その二つを落とします。

  • MySQL Server本体
    Linux – Generic (glibc 2.5) (x86, 64-bit), RPM Package
    MySQL Server
    (MySQL-server-5.6.10-1.linux_glibc2.5.x86_64.rpm)
  • Client
    Linux – Generic (glibc 2.5) (x86, 64-bit), RPM Package
    Client Utilities
    (MySQL-client-5.6.10-1.linux_glibc2.5.x86_64.rpm)

 

落としたRPMをサーバまでもっていきます。

※サーバ上で直接落とす場合は、

$ wget http://dev.mysql.com/get/Downloads/MySQL-5.6/MySQL-server-5.6.10-1.linux_glibc2.5.x86_64.rpm/from/http://cdn.mysql.com/
$ wget http://dev.mysql.com/get/Downloads/MySQL-5.6/MySQL-client-5.6.10-1.linux_glibc2.5.x86_64.rpm/from/http://cdn.mysql.com/

そして、インストール・・・しようとすると、

「公開鍵がインポートされていないために信頼できる提供元かどうかわからない」旨の警告が出ます。

無視するコマンドオプションもあった気がしますが、

このページに取得方法が載っています。

上記ページに書いてある方法が面倒であれば、

書いてあるキーの部分をコピペしてキーファイルを作ってしまうという手もありますw

そして、公開鍵をインポートした上で、

 # rpm --import mysql_pubkey.asc
 # yum localinstall MySQL-server-5.6.10-1.linux_glibc2.5.x86_64.rpm
 # yum localinstall MySQL-client-5.6.10-1.linux_glibc2.5.x86_64.rpm

以上で、インストールは完了です。

 

 

インストール後、いざ接続してみようとすると接続できませんでした・・・

原因は、5.6はRPMで入れると初期パスワードがランダムで設定されるからでした。

こちらの記事のおかげですぐに解決しました。