カテゴリー別アーカイブ: Other

Google Spreadsheet Add-on「AWS Pricing Helper」を作った #jawsug #festa2014

JAWS Festa Tohoku 2014の懇親会でLTしたものの、

デモに失敗して内容が全く伝わらなかった感があるので、

フォロー記事を書こうかと…

 

まあ、基本的には「自分で使いたかっただけ」ですし、

LT内でも言っているように、Googleのレビュー担当の人が良い人過ぎて惚れたので、何かの形で「この想いを伝えたかった」という、

超個人的な目的だったので、伝わってなくても良いっちゃ良いんですけどw

 

せっかく作ったので興味のある方に使ってもらってフィードバックを貰ってブラッシュアップできれば良いかなあと。

 

ちなみにLTはこんな感じです↓

そして、一つ訂正があります。

「Chrome ウェブストアで検索検索ぅ♪」とか言っちゃってましたが、

Chromeウェブストアでは出てこないです!

Spreadsheetの「アドオン」タブ→「アドオンを取得」から出てくる検索窓に「AWS」とか入れると出てきます(アップしたスライドは一応訂正入れておきました)

gs_get_addon

一番大事な所…大変申し訳無いですorz

 

使い方

基本的には、アドオンメニューから「Show manual」すると使い方等の説明がサイドバーとして出てきますので、

それをお読みいただければ良いです。

gs_addon_man

なので、ここでは全体的な説明を書きたいと思います。

 

まず、本アドオンはあくまで「Helper≒補助機能」であり、

本アドオンだけでは計算を行うことはできません。

Spreadsheetにあなたの計算式を埋め込み、

その中に本アドオンが提供するカスタム関数を加える事で、

あなただけの見積ツールを作ることができます。

 

例えば、こんな感じです。

gs_addon_sheet

数式を表示するとこのようになっており、

gs_addon_func

指定されたAWSリソースの料金を取得して勝手に埋めてくれるというわけです。

当然、インスタンスタイプ等の引数を変えると、

数値も自動的に更新されます。

gs_addon_change

 

ちなみにカスタム関数はマニュアルにチートシートが付属しており、

途中まで入力するとサジェストもされますので覚える必要はありません。

 

各種数値はAWS公式HPの料金表で使用されているデータと同じものを利用しているので、

データの形式やリソースの位置が変わらなければ、

料金の更新は自動的に反映されます。

ただし、逆に言うとデータの形式やリソースの位置が変わるとうまく動かなったり、古いデータのままになるので、

異変を感じた場合には、コチラからご報告いただけると助かります。

また、上記のような理由もあり、

本アドオンを利用して計算した結果に対する責任は如何様にも負いかねますので、

自己責任の元ご利用いただきますようお願い致します。

 

現状の対応サービスは以下の通りです。

  • EC2(Ondemand、各種Reserved)
    • Linux
    • Windows
  • RDS(Standard Deployment、Multi-AZ Deployment、Ondemand、各種Reserved)
    • MySQL
    • PostgreSQL
    • Oracleラインセンス込

ソースコードはGithubにて公開しておりますので、

追加、修正要望等はGithub Issueからいただけると助かりますm(__)m

 

教訓:

懇親会LTする時は出番前に飲むのを控えてちゃんと準備しろ(当たり前?w)

 


JAWS Festa Tohoku 2014へ行って地味な(?)発表してきた #jawsug #festa2014

普段は会社の名前出して発表した時の振り返りとか書かないんですけど(色々配慮するのが面倒なので)、

最近、色々と心境の変化(Festaによるものではないですw)があったので書いてみます。

補足して伝えておきたいこともあるので。

 

東北は仙台開催!

ってことで、近い(実際には全く近くないw)札幌に初心者ブロックの白羽の矢があたり、

なんか行かせてもらえそうだったので、せっかく行くなら是非に!と立候補しました。

 

本来は別のサービスの話をする予定だったのですが、

それもまあ、ちょっと地味なやつ(失礼w)だったので、

「同じ地味ならこっちが良い!」(とは言ってないですがw)と我儘を言って変えてもらいました。

CloudWatchを選んだのは、資料中にも書いていますが、

「派手な構築の話ばっかりじゃなくて運用の話があっても良いじゃない!」

って思ったからです。

あと、それなりに弄り倒しているので、50分なんとか使いきれそうだなと。

 

内容はあえて、既存のAWSの中の人の解説資料とかの流用や引用をせずに作りました。

実際、流用してるのは最初の「CloudWatchって何?」の所だけです。

せっかくユーザグループ主体のイベントなので、内容も「ユーザ目線」に拘って作りたいなあと。

AWS目線の話はおググりいただければ資料とかドキュメントとか出てきますし、その他イベントとかWebinarとかで聞けるので。

 

ただ、「ユーザ目線」に拘った結果、初心者向けじゃなさそうな内容っぽくなってしまった所があったのが反省点でしたorz

もう少し、CloudWatchそのものの説明を厚めにした方が良かったかなあと思いました。

その辺りは聞いて頂いた方々、申し訳ありませんでした…

 

 

あと、自分のやつの見直しとかしてて他のセッションはちゃんと聞けてなかったりするんですが、

辛うじて全部聞けた2つのセッションの感想を書いておきます。

 

JAWS-UG初代代表 (株)ビーブリッド創業者が介護業界に没頭している訳

AWS及びクラウドの話は全くと言っていいほど出てきませんでしたが、

飯塚さんと竹下さんの話が素晴らしく、ちょっと覗くだけのつもりが、

引き込まれて最後まで聞いていました。

ウチの奥さんも介護じゃないですが、福祉関係だったので、

かの業界のアナログ具合は知っていたものの、

より大きな視点で再認識できて良かった。

今は他にやりたいことがあるので難しいですが、

自分がもう一人居たら、介護というか福祉業界に飛び込ませたいw

 

Kinesis とGPGPUで人工知能を気軽に活用する未来

これは、今回初めから「これだけは絶対聞く」と決めていたセッション。

これまたAWSの話はちょびっとしか出てきませんでしたが、

良質な情報工学の授業を聞いているような感覚になる独特な感じで良かったですw

機械学習とか凄い興味はあるものの、なんとなく難しそうで手が伸びなかったのですが、

少し道筋が見えてきた感じがしました。

とりあえず、前提知識が足りてないので本読む。

 

どちらもAWSの話が全然無かったわけですが、

それもまたFestaという懐の深いイベントの醍醐味ということで良いんじゃないでしょうか :)

 

 

当日は、特に混乱も問題も起きなかったように思います。

東北チームの皆様、素晴らしい企画・運営お疲れ様でした!

 

 

 

TODO:
デモに失敗して、全く伝わらなかった(と思われる)LTのAWS見積り用Google Spreadsheet Add-onのフォロー記事を書く

 


Chef Meetup Sapporoの第一回イベント「Chef Casual Talks Sapporo Vol.1」を行いました

 

だいぶ時間が経ってしまいましたが…

タイトルのとおり、先日、「Chef Meetup Sapporo」の第一回イベント「Chef Casual Talks Sapporo Vol.1」を行いました。

 

Tokyo、Kansaiのイベントに便乗させてもらっての突発開催で、

おおっぴらに宣伝しなかったのもあり、

参加人数は少なかったのですが、

そこで発表したスライドがバズったりして、

東京や関西のアーリーアダプタなWEB系のエンジニアには浸透しきった感のあるChefも、

SIerや地方のエンジニア等のアーリーマジョリティ的な層にはまだまだこれからということが分かって良かったです。

そういった層にリーチしていけるように頑張って行きたいです。

(そのためには1人じゃ厳しく、身近にガチで使ってる仲間がほしい所なので、まずそこから…)

 

ちなみに、別にChefを広めたいみたいな慈善事業的な公正明大的な目的というわけではなく、

札幌という地方都市に、Chefとかそういう旬な話がガチでできるインフラエンジニアのクラスタを作りたいっていうことなので、

その辺りに興味があったり賛同していただける方からのコンタクトをお待ちしております:)