PHP5.4で、PEAR::Var_Dumpが使えなかったので修正してみた。

ブラウザでお手軽にオブジェクトインスタンスの中身の確認ができたりする、
便利なデバッグ用ライブラリのPEAR::Var_Dump

PHP5.4で使用しようとしたら、
E_STRICT吐きまくりで使用できませんでした。

他に色々探しても、5.4対応でお手軽に使えるものが無かったため、
自分で修正してみました。

内容としては、
static宣言されていないのにstaticメソッドとして呼んでしまっている箇所
オブジェクトの参照を代入しようとしている箇所(&=)
以上を全て潰しただけです。

ini_set("display_errors", true);
ini_set("error_reporting", E_ALL);

を記述して実行すれば、
エラーが表示されるので、エラーの箇所を潰していけばOKです。

ソースは手元に無いので、
そのうち気が向いたら修正したものをアップしたいと思います。

 

2013.01.16 追記↓

修正ファイルをアップしてみました。

必ず以下のページをご参照の上、ご利用ください。

修正ファイルのダウンロードへ


UpdateでPDOStatement::rowCount()が返す値

PDOMySQLだけかもしれませんが…

UPDATEのSQLを実行したPDOStatementのrowCountメソッドを呼んだ時に返ってくるのは、

更新対象が何行あったかではなく、
更新が実行されたのは何行あったかなんですね…

つまり、実行前と実行後で全く内容に変化が無かった行はカウントされない訳です。

久々にガッツリハマりました(汗