Nginxでyumやwget用のフォワードプロキシ

WANに繋がっていない、LAN内のサーバのミドルウェア導入やバージョンアップを行うのに、

yumコマンドでリポジトリの参照ができなくて不便なことが多々あります。

必要なRPMだけもっていってインストールしようとしたら、依存関係でつまづいたり…

 

DBサーバなんかはフロントにWEBサーバがあって、

完全にWEBサーバ経由のLAN接続しかできなかったりするパターンが多いです。

 

最近、そのパターンでフロントのWEBサーバにNginxをインストールしていて、

「Nginxでプロキシ通せば直接ダウンロードできるんじゃない?」と思って設定してみました。

RedHat5系ならおそらく同じ設定でいけると思います。

 

まずは、プロキシとするサーバ上のNginxの設定から。

# vi /etc/nginx/conf.d/forward_proxy.conf

以下の内容の設定ファイルを作成します。

server {
    listen 8081;                                        #8080はアプリで使用していたのでなんとなく
    server_name プライベートIP;
    resolver DNSのIP;                                   #特に使えるものがなければ、Google Public DNS(8.8.8.8 8.8.4.4)という手もあります。
    location / {
        proxy_pass $scheme://$http_host$request_uri;
    }
}

設定反映のため再起動します。

# /etc/init.d/nginx restart

 

次に、LAN内のサーバのyumのプロキシを指定します。

# vi /etc/yum.conf

以下を追記します。

proxy=http://プロキシサーバのIP:8081

以上でyumの設定は完了です。

 

ついでに、wgetもproxy通せないかな~と思ってググったらやはりありました。

コチラのサイトを参考に、
ホームディレクトリ直下に「.wgetrc」を置くのではなく、全体に効く設定ファイルを変更しました。

# vi /etc/wgetrc

以下の2項目を変更します。

http_proxy = http://プロキシサーバのIP:8081
ftp_proxy = http://プロキシサーバのIP:8081

以上で、WANに繋がっていないLAN内のサーバからでも、

フロントにNginxが立っていれば、別途プロキシを立てなくても必要なファイルのダウンロードやyumコマンドによるリポジトリ参照ができるようになります。


MySQL5.6インストール

先日リリースされたMySQL5.6の導入方法のメモです。

 

環境はCentOS5.8(64bit)になります。

 

まず、RPMが用意されているので、落とします。

ココからダウンロード

 

とりあえず、MySQL Server本体と、接続するためのClientがあれば基本操作はこなせるので、

その二つを落とします。

  • MySQL Server本体
    Linux – Generic (glibc 2.5) (x86, 64-bit), RPM Package
    MySQL Server
    (MySQL-server-5.6.10-1.linux_glibc2.5.x86_64.rpm)
  • Client
    Linux – Generic (glibc 2.5) (x86, 64-bit), RPM Package
    Client Utilities
    (MySQL-client-5.6.10-1.linux_glibc2.5.x86_64.rpm)

 

落としたRPMをサーバまでもっていきます。

※サーバ上で直接落とす場合は、

$ wget http://dev.mysql.com/get/Downloads/MySQL-5.6/MySQL-server-5.6.10-1.linux_glibc2.5.x86_64.rpm/from/http://cdn.mysql.com/
$ wget http://dev.mysql.com/get/Downloads/MySQL-5.6/MySQL-client-5.6.10-1.linux_glibc2.5.x86_64.rpm/from/http://cdn.mysql.com/

そして、インストール・・・しようとすると、

「公開鍵がインポートされていないために信頼できる提供元かどうかわからない」旨の警告が出ます。

無視するコマンドオプションもあった気がしますが、

このページに取得方法が載っています。

上記ページに書いてある方法が面倒であれば、

書いてあるキーの部分をコピペしてキーファイルを作ってしまうという手もありますw

そして、公開鍵をインポートした上で、

 # rpm --import mysql_pubkey.asc
 # yum localinstall MySQL-server-5.6.10-1.linux_glibc2.5.x86_64.rpm
 # yum localinstall MySQL-client-5.6.10-1.linux_glibc2.5.x86_64.rpm

以上で、インストールは完了です。

 

 

インストール後、いざ接続してみようとすると接続できませんでした・・・

原因は、5.6はRPMで入れると初期パスワードがランダムで設定されるからでした。

こちらの記事のおかげですぐに解決しました。

 


iOS6.1で充電ができない・・・

iPhone5のiOSを6.1にバージョンアップしたら、充電されなくなりました。

 

充電アダプタに繋ぐと充電できないが、PCにに繋ぐと充電できる。

不具合っぽいけど、なんでかな~と思っていたら、

同じ充電アダプタでも、マルチタップ等で分配されたコンセントに挿すと充電できました。
PCに繋いだり、分配すると電圧が落ちると思うので、
ある一定の電圧以上になると充電されないような不具合のような感じです。