SoftEther VPNでEC2(Amazon Linux)に繋いでみた③(まとめ)

導入編設定編通してのまとめ(感想)です。

 

やってみて感想

  1. 導入はシェル叩くだけ。非常に簡単だった。
  2. 今気づいた。公式サイトにLinuxへのServerのインストール方法書いてあるorz
  3. 公式サイトのチュートリアルが充実しているので、導入も設定も非常に助かった。
    Windowsだとほとんど困ることなんて無いんじゃないだろうか?
  4. Serverの設定は遠隔からGUIでできたりして非常に簡単だった。
  5. Clientもコマンドが分かりやすくできている感じがして、
    リファレンス見ながらやれば困ることは無かった。
  6. ルーティングの部分で少し悩んだのは、
    SoftEther VPNがどうとかいう話じゃなく、自分の意識が甘かっただけのこと。
    NWが簡単かつ自在に弄れるAWS VPCばっかりつかっていると、
    OSのルーティング設定とかiptableとか弄ることないからなぁw

 

良い所

  1. 高機能だけど分かりやすい
  2. 遠隔から操作できる
  3. 公式サイトの充実したコンテンツ

集約するとこの3点だけど、細かく挙げればきりがない。

かなり魅力的なソフトウェアだと思う。

特に②はクラウド利用では超大事。

 

悪い所

今のところ特に無い。

あえて言うなら下記だけど、これは相性的な問題だから仕方がない。

 

 

AWSで使える?

基本的にはめっちゃ使えそう。

但し、一個だけ問題があることが分かった。

AWSはプロミスキャスモードを一切許していないので、ブリッジ接続が使えない。

各サーバにクライアントをインストールして、

起動スクリプトでコネクション張るとこまで自動でやるようにして、

仮想DHCPオンにして…って感じになりそう。

接続先を固定したかったらどうすれば良いだろうか・・・

サーバ側でMACアドレステーブルとか持ってるけど、

同じ接続元には同じIP振ってくれたりはするのかな?

それなら特に問題は無いんだけど・・・

そうでないとして、とりあえず今思いつく解決法は、

クライアントに自発的に仮想DHCPで充てられたIPをAPIでRoute53に登録させるとか?

 

まとめると

最初に感じた

なんかこれめっちゃ使えるんじゃね?

はその通りだった。

でも、ガチで使うにはもうちょっと検証と評価したい所。

 

 

 

とりあえず、こんな感じで一旦?終了です。