サーバゆとり世代

ふと書きたくなったので書いてみた。

凄いどーでも良い話です。

 

何を隠そう、自分、実はサーバは仮想しか(ちゃんと)触ったことが無い。

家のデスクトップは自作デスクトップにubuntuを入れてサーバ化してみたことはある(今はもう辞めている)が、

所謂、ラックマウントなサーバは会社にあるのを物理的にただ手では触ったり、

既にあるものを操作したりしたことはあるが、

配線とかラッキングとかそういう物理的なセットアップ的な、

そういうのはなんとなくやり方は知っているけれど、全くやったことが無い。

お金と時間がいっぱいあったら自宅サーバはやって見たい気もするけど、

少なくとも仕事でやるつもりはほぼ無い。

 

クラウドが本格普及し始めた昨今、

そういう人ってこれから増えてくると思うので、

「サーバゆとり世代」ってちょっと前から名乗ることにしているw

ちょっと流行んないかなって思ってるwww

 

以上、凄いどーでも良い話でした。

 

 


CentOS6にMySQL5.6×Mroonga環境を作るCookbookを作ったちょっと嬉しかった話(とお礼)

最近、

が降ってきまして、

「なるべく初期費用抑えたい(スモールスタート)」っていう要望で、

カジュアルに全文検索やるとしたら何かなーって思ったら、

MySQLにプラグインで追加できるMroongaが良いんじゃないかって思いました。

 

…で、とりあえず検証してみようと思ってインストール方法を見てみたら、

CentOS 6用のパッケージはCentOS 5用のパッケージと違い、ディストリビューション由来のMySQLパッケージ(MySQL 5.1系)を利用します。

ってなってて、

なんてTwitterで呟いてたら、やさしい方々が助けてくれました。

 

なかなか周りにはこういう時に頼れる人って身近にいなくって、

自分でひたすらGoogle先生に聞いて試してみてっていうのが主だったので、

まず単純に嬉しかったのと、

実際に会ったことがない人とTwitterで繋がって助けてもらえるっていうのが、

なんかちょっと感動でした。

 

そして、その結果、こんなものを作りました。

Amazon Linuxでも使えるようにしたいけど、

まだちゃんと動かなかったりと完成はしておりませんが、

近いうちに修正したいと思います。

 

何をどう助けてもらったかの細かい内容については、

勝手に載せるのもアレなんで差し控えさせていただきますが、

この場を借りてお礼だけさせてください。

@yoku0825さん、@kazeburoさん、@ktouさん (順不同)

ありがとうございます!