タグ別アーカイブ: sh

SoftEther VPN ClientのEC2(AmazonLinux)向け起動スクリプト

先日検証したSoftEther VPNですが、

早速ちょっと使う機会が出てきたので、自動起動用の起動スクリプトを作りました。

ちなみにServerの方は公式サイトに乗ってるそのまま。(結構下の方)

 

設定までは前に書いたのと同じです。

 

やりたかったこと

  1. まずは当然VPN Clientの自動起動
  2. VPN Serverへの自動接続
  3. Private IPの設定

 

基本は上述のServer起動スクリプトのパスやらをClientに変えただけ。

それにServerへの接続コマンド実行+IPアドレス設定って感じです。

 

こんな感じです(変数の内容は環境によって異なります)↓

 #!/bin/sh
 # chkconfig: 2345 99 01
 # description: SoftEther VPN Client
 DAEMON=/usr/local/vpnclient/vpnclient
 CMDPATH=/usr/local/vpnclient/vpncmd
 CMDHOST=localhost
 CMDCONN=local
 IP4ADDRESS=192.168.100.1
 VIRTUALIF=vpn_adapter01
 LOCK=/var/lock/subsys/vpnclient
 test -x $DAEMON || exit 0
 case "$1" in
 start)
 $DAEMON start
 touch $LOCK
 $CMDPATH /client $CMDHOST /cmd AccountConnect $CMDCONN
 ifconfig $VIRTUALIF $IP4ADDRESS
 ;;
 stop)
 $DAEMON stop
 rm $LOCK
 ;;
 restart)
 $DAEMON stop
 sleep 3
 $DAEMON start
 $CMDPATH $CMDTYPE $CMDHOST $CMDSUFFIX $CMDEXEC $CMDCONN
 ifconfig $VIRTUALIF $IP4ADDRESS
 ;;
 *)
 echo "Usage: $0 {start|stop|restart}"
 exit 1
 esac
 exit 0

変数名とかイケてないけど、とりあえず気にしないwことにして、

/etc/init.d/vpnclient

に配置して、

# /sbin/chkconfig --add vpnclient

で自動起動設定完了です。

 

これ、インストールから設定と併せてChefのレシピにしたらIPアドレスの管理が捗りますね。

もし複数台で使うことがあればやろうっと。

 

そして、これでアレで遊ぶために必要な設定①が完了しました!