タグ別アーカイブ: yum

Nginxでyumやwget用のフォワードプロキシ

WANに繋がっていない、LAN内のサーバのミドルウェア導入やバージョンアップを行うのに、

yumコマンドでリポジトリの参照ができなくて不便なことが多々あります。

必要なRPMだけもっていってインストールしようとしたら、依存関係でつまづいたり…

 

DBサーバなんかはフロントにWEBサーバがあって、

完全にWEBサーバ経由のLAN接続しかできなかったりするパターンが多いです。

 

最近、そのパターンでフロントのWEBサーバにNginxをインストールしていて、

「Nginxでプロキシ通せば直接ダウンロードできるんじゃない?」と思って設定してみました。

RedHat5系ならおそらく同じ設定でいけると思います。

 

まずは、プロキシとするサーバ上のNginxの設定から。

# vi /etc/nginx/conf.d/forward_proxy.conf

以下の内容の設定ファイルを作成します。

server {
    listen 8081;                                        #8080はアプリで使用していたのでなんとなく
    server_name プライベートIP;
    resolver DNSのIP;                                   #特に使えるものがなければ、Google Public DNS(8.8.8.8 8.8.4.4)という手もあります。
    location / {
        proxy_pass $scheme://$http_host$request_uri;
    }
}

設定反映のため再起動します。

# /etc/init.d/nginx restart

 

次に、LAN内のサーバのyumのプロキシを指定します。

# vi /etc/yum.conf

以下を追記します。

proxy=http://プロキシサーバのIP:8081

以上でyumの設定は完了です。

 

ついでに、wgetもproxy通せないかな~と思ってググったらやはりありました。

コチラのサイトを参考に、
ホームディレクトリ直下に「.wgetrc」を置くのではなく、全体に効く設定ファイルを変更しました。

# vi /etc/wgetrc

以下の2項目を変更します。

http_proxy = http://プロキシサーバのIP:8081
ftp_proxy = http://プロキシサーバのIP:8081

以上で、WANに繋がっていないLAN内のサーバからでも、

フロントにNginxが立っていれば、別途プロキシを立てなくても必要なファイルのダウンロードやyumコマンドによるリポジトリ参照ができるようになります。


CentOS5.8にyumリポジトリを追加して、MySQL5.5をインストール

実際に必要なリポジトリはremiだけですが、

今後他のパッケージを導入するのに必要になるかもしれないので、よく使われるものもついでに入れておきます。

 

公開鍵をインポート

  • rpmforge
# rpm --import http://apt.sw.be/RPM-GPG-KEY.dag.txt
  • epel
# rpm --import http://download.fedora.redhat.com/pub/epel/RPM-GPG-KEY-EPEL
  • remi
# rpm --import http://rpms.famillecollet.com/RPM-GPG-KEY-remi

 

 

リポジトリ追加

  • rpmforge
# rpm -ivh http://apt.sw.be/redhat/el5/en/x86_64/rpmforge/RPMS/rpmforge-release-0.5.2-2.el5.rf.x86_64.rpm
  • epel
# rpm -ivh http://download.fedora.redhat.com/pub/epel/5/x86_64/epel-release-5-4.noarch.rpm
  • remi
# rpm -ivh http://rpms.famillecollet.com/enterprise/5/remi/x86_64/remi-release-5-8.el5.remi.noarch.rpm

 

以上で追加は完了です。

ただし、このままでは肝心のremiがデフォルト設定で無効状態になっています。

設定ファイルを編集しても良いですが、基本無効にしておいて、

必要な時だけ有効にするのが望ましいと思います。

ということでyumコマンドを打つ際に、

--enablerepo=remi

というオプションを付けると使用可能になるので、

# yum --enablerepo=remi install mysql-server

インストール完了!

 


Hyper-V仮想サーバにCentOS5.8×MySQL5.5環境を構築

あけましておめでとうございます。

 

社内環境用に、Hyper-V仮想サーバにCentOS5.8×MySQL5.5環境を構築した時のメモです。

 

記憶も曖昧なので、OSインストールの部分は飛ばします。

とりあえず、社内にMySQL5.5環境が必要というのが理由だったので、

テキストベースのインストールで、

パッケージは管理ツール・開発ツール・エディタあたりだけのカスタムインストールを行いました。

その後は、分類が全く違う内容になるので、記事を分けたいと思います。

 


  1. Hyper-V 統合サービス(Linux Integration Services)のインストール


  2. yumリポジトリを追加して、MySQL5.5をインストール

 

なんだかんだで、OSのインストールと最低限の設定が行われた状態からの環境構築しかやったことがなかったので、

良い経験になりましたが、少し戸惑いました・・・w